What's New!!




学習プリントUP履歴&その他更新履歴 ☆新着記事リストはこちら☆
  • 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
    ランキング参加してます♪いつも応援 ('-'*)アリガトゴザイマス♪

通信教育:チャレンジ1年生


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ

チャレンジ1年生を辞めました

関連記事:チャレンジと手切れか・・・

関連記事:チャレンジと手切れか・・・ Part.2


ボーイの発言によって方向性を若干変更。

「2/1までに本当にそれで良いのか決めてね」

と言っておいたものの、その考えは変わらず

「チャレンジは辞める」

っと言う事になった。

考える力プラス講座はお気に入りのようで継続決定。

4月からの新年度は

「我が家独自カリキュラム(市販テキスト)」+「考える力プラス講座」

まぁ、吉と出るか凶と出るか・・・

全く分からないけど

お望み通りに


チャレンジのコース選択のハガキが来ていた。

が、受講しないのが決定していたので

ハガキを返信していなかった。

すると・・・

「コース選択のハガキが来ていないんですけど」っと

あちら側から電話が掛かってきた

待ってました.

「それが・・・来年度は受講するつもりが無いんです」

「あ、そうでしたか」

「考える力プラス講座だけは受講したいんです」


考える力プラス講座
考える力-教材見本サンプルダウンロード
考える力プラス講座


「それは余りお薦めできません、やはりセットの方が・・・」

「構いません~

「出来ればお辞めになる理由など伺っても宜しいですか?」


きた


(回顧-始)

実はこう聞かれるんじゃないかと、パパと話していた。

「知らないよ適当でいいんじゃない?」

「適当って?」

「適当~!やりたくないと子供が言っているんです・・・とか言えば~

「えー

(回顧-終わり)



「え・・・理由・・・」

「溜まってしまうとかでしょうか?」

「いえ、そんな事はありません(キッパリ)」

「そうですか~」

(あ・・・ハイって言えば良かった)

相手は次の一言を待っている風なので

「あの、子供が簡単って言うので・・・(ポロッと)」

(結局、バカ正直に答えた私


「あ、そうですか~それでは仕方ないですね~」

あ、でも、そんな事いいながら偶に間違えるんですけどね~

っとフレンドリーに言えなかった私


電話を切った後、ボーイは横でニンマリ


あーあ、辞めるって言っちゃった

学校の成績、大丈夫かな

(学校での成績の良さは、チャレンジ様様だと思っている


ボーイよ。

あんた、にやけている場合じゃないよ

お望み通り、難しい問題に時間を費やすわよ

さて、行くよ!私!

っと、受話器を置いて

心の中で気合を入れた。



昨年のボーイのチャレンジ辞めたい発言から

徹底して教材を見つ続けてきた。


時に、amazonで下調べをし。

時に、ヤマハの待ち時間に近くの書店で立ち読みしながら。

時に、大きい書店で立ち読みしながら。
(パパ&ボーイは、ゲームコーナーに直行

時に、パパ(戻って来た)と相談しながら

2年生の家庭学習教材これいいんじゃないかリストを作成

作成期間はおよそ三ヶ月にも及ぶ

(ちょっとずつ≒ぐーだら)


このリストを印刷し手に取って大型書店へ行くわよ!

チャレンジを受講しなくなった浮いた3万円も手にして

今度はゲームコーナーに行かせないわよ!

最終決定は当然!

付き合って頂きますからね

付き合っていただく!?




最終的に絞り込むのはパパの役目

そして

最終決定権は毎度ボーイにある。

一年間付き合うテキスト、

あんた(ボーイ)が決めないで誰が決める

私はいつも

ただのリストアップ要員


余談:

方向性が若干変わるだけ!?で

スケジュールは大きく変わる・・・模様

ボーイと話し合い&試行錯誤中


使用するテキストが決まり次第

&スケジュールが決まり次第

記事で綴る予定


更に余談:

関連記事:チャレンジと手切れか・・・

関連記事:チャレンジと手切れか・・・ Part.2

でも綴ったように

進研ゼミのチャレンジもそうだけど

こどもちゃれんじの取り組みは更に影響が大きい。

(って、傍からすれば。辞める人間が何言うかぁでしょうね

特に「こどもちゃれんじのオプション教材」の

「こどもちゃれんじプラス」
(知育プラス:キッズワークプラス)

この辺りから学習意欲、家庭学習の習慣が完全に付いた。

我が家は「基礎」「楽しく学ぶ」というものを大事にしてきたので

まだまだヤンチャで落ち着きない幼児期にはピッタリだった。

とはいえ、20~30分ぐらいは集中して座っていられた。

それはきっと、テキストの良さなのでしょう。

こどもちゃれんじ-プラスコース
こどもちゃれんじ-プラスコース
icon

#今は3つに分かれいる

#ボーイの時代は読み聞かせプラスなんか無かった・・・受講したかった



ボーイが「もっと難しい問題を!」という意欲も

そこから生まれてきたものだという以外考えられない程に

まぁ、当時から「若干の物足りなさ」は親子共々感じていた。

それで始めた私の学習プリント作成

「基礎」を大事に、そして何より「楽しく学ぶ」&「知を楽しむ」

という考えの強い方にはピッタリ?お薦め出来るかと思います。


難しい問題ばかりを幼い時から与え過ぎる。

出来なければ・・・自信がつかない→勉強嫌い→学習の習慣が付かない

例え出来たとしても・・・「そんなの知ってる」と学校で腑抜けになってしまう恐れが。

(≒吹きこぼれ)

意欲低下、授業態度、学校の成績

こうなってしまったら本末転倒

「吹きこぼれ」に関しては、私は十分気を遣っている所でもある。

ボーイを見ていると・・・

「学校の授業」の「大切さ」と「その価値」を

十分に説いてさえいれば

先々「吹きこぼれ」になる恐れは無いのかな

っと、その前に

「吹きこぼれる」程の実力を持ち合わせていないか

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ

チャレンジ全国コンクール 作文部門

夏に行われた「チャレンジ全国コンクール」

ボーイも書いて出したけど、

入賞しなかった事は既に去年知っている


チャレンジの前号の保護者向け冊子に

結果発表&作品が掲載されていた。

ボーイと一緒に読んで見た。

すごい

どれも素晴らしい

やっぱり「おかあさんのいろえんぴつ」

流石は大賞!?

あとは優秀賞で特に「いもうとえがお」

本当~に、素敵な作品

ボーイは優秀賞の「ぼくのいいところ」がすごい!って言ってた


どれもこれも、家庭の環境の良さが作文に滲み出ています

チャレンジ全国コンクール 作文部門


でも。

(進研ゼミにもの申す①)

こんなに素晴らしい作品なのに

冊子に掲載された字が小さすぎます

あれじゃ大人も、特に子供は読み辛くって仕方が無い

ボーイ、虫眼鏡が欲しいって言ってた

(進研ゼミにもの申す②)

なぜ、作文をそのままUPしないのでしょ?

授賞されたお子様達の書いた字「自体」を見てみたい



(感動した後のヒネくれた私から生まれた感情から・・・)

手伝っていないよね?

作り話じゃないよね?

まさかね

(ボソッと

ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
TOP  ≫ 【通信教育:チャレンジ1年生】次ページへ

#ページ先頭

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。