What's New!!




学習プリントUP履歴&その他更新履歴 ☆新着記事リストはこちら☆
  • 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
    ランキング参加してます♪いつも応援 ('-'*)アリガトゴザイマス♪

中学受験を目指す


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ

中学受験に思う事

毎日が新鮮な子育てが始まって

何と無く教育について考え始めて

何時の間にか家庭学習が始まって

中学受験を目指す今に行き着いた。


やれるところまでやってみよう。

疲れたら&嫌気が差したら

直ぐに辞めちゃおう~

なんて言っていた当初。


適当に学校名を挙げ始めて

適当に学校を見て回った。


辞める気配なんて全くない


辞めるどころか、

どんどん身に付け、理解を深め

目的意識は強くなるばかりで

2年生で早くも

志望校まで生まれた。


そんなボーイとは違う

私とパパ。


寄寓にも?

共に小学校4年生から地元の塾に通い始めた。

寄寓にも??

自分から望んで塾に入った。

寄寓にも???

中学受験を経験していない公立中→私立高組


塾でも学校でも

中学受験組みって大変そうだなぁ

っとそんな思いしかなかった。


そんなにガリガリやっていなかった私

を除いてみんな受験した。


何故か・・・強制的に受けさせられた模試。

今でも偏差値を覚えている


その偏差値とボーイとを比べると

10以上の開きが・・・過去の笑い話にしかなりません


勉強は好きだったものの

受験に興味なく、学校名も挙げられない私は

塾長に適当に学校名を選んでもらった。

20%の合格判定に

ふ~んっと。

80%の合格判定に

ふ~んっと。


喜びも凹みもしなかった。


この程度の情報・・・

ほぼ「0」からのスタート。


徹底して調べ上げた。


偏差値表を見て

この学校、懐かしい~

何て所から


知人・友人からも

沢山の情報提供をしてもらった。

時代は違えど、中学受験経験者の語りは貴重なものだった


公立に思う事。

私立に思う事。

中学受験に思う事。

男子校、共学に思う事。

徹底してパパと話をしてきた。


様々に寄せ集めては

ボーイには小出しに話してきた。


学びに前向きなボーイにとって

受験というものが

しっくり

だった。


感化したは良いけれど・・・

悩みは尽きなかった。


勉強が好きだから・・・

とは言え

小学生の時の

楽しい、楽しい時間。

睡眠時間、食事などなど。

犠牲にするものが余りにも大きいと感じてならなかった。

それは調べれば調べる程に。


感化しておきながら身勝手だな・・・っと思いつつ。


現に。

ボーイが「習いたい」と言い始めた

習い事を習わせてあげることが出来ていない


勉強だけではいけないと言いつつ・・・。

好きなものを好きなうちに好きなだけっと言いつつも・・・。

時間には限りがある。

今の習い事との両立だけで手一杯


友達とだって毎日は遊べない。

これから先・・・

遊ぶ時間も自由時間も減る事でしょう。

「嫌じゃないの?」

っと聞いても

「全然~


努力が努力と思っていない節が見られる。

頑張っている自分が格好良いと思っている節が見られる。


所詮、私なんかとは意識が違うんだろうな

っと思う事も度々。


我が子を大事に思うのは当然。

コンプレックスを持ってしまうかも、

悔し涙ばかりな日々を送らせてしまうかも。

と勝手に想像を膨らませて悩む一方、

何があろうとも

好きな事を好きなだけやらせてあげれば良いんだよ。

っと自身に言い聞かせる事も度々。


○年後、どうなっているんだろう。

先々を考え過ぎてはいけないと思いつつも

先々を考えなければいけないと思いつつ。


上手く行った時の事も

上手く行かなかった時の事も。


どーしても入学したいとボーイが憧れる学校が現れた。

親としては

是非とも入学してもらいたい。


逃げ道にも出会えた。

ボーイが習いたいと言っていた

ドラムと乗馬。

これらを好きなだけやらせてあげようと


っとまぁ

ぐちぐち&ぐでぐで

をいくら言っていても仕方がない。


ボーイが望むのだから。


親として

何とかして入学させてあげたい。


その為に、これから先の私に出来る事を考えた。


褒めて、励まして、おまじないを

栄養のバランスが取れた食事。

睡眠時間の確保とコントロール。

送迎。

は当たり前として


兎に角、今の雰囲気を保つ事


熱を上げ過ぎず、冷まさず。

和気藹々にリラックスできる

そんな環境の継続を


学びも運動も音楽も何もかも


我が家3人、家族の絆を大切に

楽しい受験生活というものを

送ろうと


きっと上手く良く

どちらに転がろうが

結果的に上手く行かせてみせる


中学受験に向かう受験生の母になったばかりの

ひっよこな私の今の心境


余談:


絶対に宜しくない

受験ピリピリモード、

夫婦の意見の不一致、不仲化。


余りにも献身的過ぎると必要ないものまで付いてくる事。

親の焦りは必ず子に伝染する事。


経験者は語る


私自身。

高校受験が近くなって

徐々に家庭の雰囲気が悪くなっていった。


受験校、私にはゆとりがあった。

偏差値的にも過去問の出来具合も。

それを知っている母なのに

何故か次第にヒートアップ、

ピリピリモードへ


母から最大限のサポートを受けたと感じていた。

きっと、、一人で悩み&頑張ったという自負がそうさせた。

周囲の目線、プライドもあったことでしょう。


父がちょっとでも口を出すと

・・・罵声を浴びせる

なんて事もしばしば。


確かに、父の持つ受験への関心度は低かった。

けれど、塾の費用だって、送り迎えだって

父からの支援あってこそなのにと・・・。

仕事から帰って来た父の肩身の狭さが痛かった。


日々、そんな空気が嫌で嫌で

日々、焦らされているような気がした。

日々、し~んとしていた。


私が受験をする事が

家族皆に迷惑を掛けているのだと思うようにもなった。


早く受験が終わって欲しいと思っていた。

受験勉強を辞めたい、のではなく

前の家庭内雰囲気に戻って欲しいと。


中学受験と高校受験では年齢が違う。

小学生だって・・・

それぐらいは感じる&苦しむ&悩むものと。


今現在。

時代の変化?なのか

父親が受験に積極的な風潮らしいけど。


受験に限った事ではなく

何事も父親が積極的に参加する時代になってきている。


我が家のパパも

とても頼りになる存在

ボーイに最強!と言われるそんな存在。

きっと何時までも続く事でしょうね

(あの二人の間柄、ちょっと変わってる


悪い方へ持っていく・・・としたら私だろうか。

いいえ、私にはボーイとパパがいる

でも。


入試前夜。

カツを食べさせられ、胃薬を飲ませられた。

挙句、デザートに用意されていた

落ちないリンゴを食べさせられた。

あの・・・母のようになるのかな


そのお陰で

私は合格を手に入れられたのだから


このぐらい・・・だったら許してね
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ

目前に迫った入塾に思う事

様々に受けてきた塾テストの類。

様々に受けてきた塾の講習の類。


繰り返しになるけど

その一回一回に

先生一人一人に

問題一問一問に

本当に感謝しています

(この場にて厚く御礼申し上げます


ボーイにとって

「水を得た」

ようだったように思う。

クロールが苦手な「お魚」だけど


もっともっと大海原へ

スイスイ泳ぐ時もあれば

あれれ・・・しくじった時も


その都度が自信や励みになった

兎に角、自身と戦い&楽しめた


漕ぎ始めたばかりの頃。

「1位」というものを取った時の

あの自信に満ち溢れたボーイの顔を

今でも鮮明に覚えている


あれから約2年が経過。


「Sランク」という響きに執着し

(ドラクエ)

ずっとSクラスを取り続け

最後まで外さなかった


G・Rクラスも

続けてGETで意気揚揚


さっちゃんの一番上のクラスも

もぎ取ってみせて

αコース



クラスは、ボーイの楽しみのうちの一つになっている

格付け、格好き?

そう言えば、お正月番組の芸能人格付け。

あの番組、大好きだわ

今年は・・・

ガクトさんが出演せず、

ボーイは凹んでいたけど


今回、クラスはあまり気にしないよう説いた。

入塾してから上を目指したっていいもの

第一、秋では証明済みなのだから


でも。

ボーイと話していると・・・

どーーーせなら、上位クラスが良いよね~

の方向になってしまう


本当は、昨年の秋のテストで入塾を決める筈だった。

秋の陣を終え、上位クラス許可証を投げ捨てて

冬の陣に参戦する事になった。


結果はほぼ変わらず。

私は喜ぶよりも・・・ほっとした


そして、ボーイは

悩みに悩んだ末

今月

ようやく結論を出し、

今日に至る。



やはり、当初から

「若干、少~~~しだけ、行きたい気持ちが強い

と、言っていた所に

決めた


正直、私も悩んだ。

私が悩んでも仕方が無いけど


塾の情報は与えてきた。

出来うる限り、主観を排除して


「何処の塾が一番合っていると思う?」

と聞かれることもあった。

「一応ーね、一応、聞かせて~

を付け加えながら


でも・・・

答えは私には無い


私も余りに悩み過ぎて

何処でも一緒のようにも思えてきた所もありつつ。


やはり

「ボーイが一番行きたいと思うところが一番合っている所なんじゃない

っとしか言い様が無かった


行きたい所。

勉強したいと思える所。

そこで学ぶのが一番だから


「自分で決めさせる」は

我が家流。


私やパパの思惑から外れて

習い事だって自分でやりたいものを

尽く選んできた。

習い事は1度も辞めた事がない。

受験で継続するのが厳しくなるかもと告げても

辞めたくない&絶対両立させるという頑さ

がお目見えする


実際に体験する、足を運んで観させ

きちんと話さえすれば

1年生だって


表情を見ていれば

何を選ぶのか・・・何と無く分かるし


自分で選ぶ。

ボーイはそうしてきた。


だからこそ

自発的に練習し、

通うのが楽しみに、

本番でも力を発揮できるものと


塾も習い事



学習塾に潜入し始めた当初。

何と無く中学受験というものがぼんやりと見え始めた頃。

時折、何故私がここにいるのか

と思う事もあった


四谷大塚ってあの四谷大塚だよね。

日能研ってあの日能研だよね。

SAPIXってあのSAPIXだよね。

っと、校舎に入る前に

ボーイを預けた直後に

説明会の最中に

ふと思ったりもしてきた。


この三年間で・・・

何時の間にか慣れちゃったけど


み~んな目線は本、本、本。

学校の集まりでの

べちゃくちゃな環境よりも

私にはしっくりきた事もプラスだった



この三年間。

時折、我が子が「我が子

っと思う時も。


テスト前の意気込みコメントも。

テストの結果にも。

テスト後の自戒コメントも。


もっと出来た筈、

まだまだ足りない、

またバカやらかしたぁー

っと、満足しきれず

自分を戒める姿を何度も見て、聞いてきた。

この点数。取って当たり前、でも・・・ご褒美ちょーだい




今。

入塾後、どこまで行けるか、どこまで伸びるのか。

圧倒するのか、圧倒されるのか。

戦意を失うのか、戦意に満ち溢れるのか。

上手く行くのか、行かないか。


私は不安もあるけど、

断然

楽しみの方が強い


それは、ボーイが今

目前に迫った

どきどき&わくわくな

入塾生活を楽しそうに

毎日のように語っているから


きっと。

自立もさらに磨きがかかるでしょう。

学びもさらに磨きがかかるでしょう。


そして、良き友、良きライバルに

囲まれる事を心から願う


中学受験のデメリットばかりを考えていた節のある私。

ボーイが楽しみ&情熱を持って向かおうとする今。

そんな憂慮は消えてなくなった


余談:

ボーイには

達成できずに悔いが残る・・・というものが

一つだけある

未だに、こんな顔→

をする


3年生の時の

よっしーの全国テストの決勝戦


ボーイの悔いは、私の悔いに


もう3年生には戻れない。

4年生でリベンジを誓うボーイ


この記事をご覧頂いていている新3年生さん

是非とも、仇討ちを


仇・・・って可笑しいけど


日々を楽しんで&頑張って下さいまし

ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
TOP  ≫ 【中学受験を目指す】次ページへ

#ページ先頭

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。