What's New!!




学習プリントUP履歴&その他更新履歴 ☆新着記事リストはこちら☆
  • 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
    ランキング参加してます♪いつも応援 ('-'*)アリガトゴザイマス♪

小学校生活


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ

ボーイに思う事(裏話編)

ポケモンのフィギュア集めが大好きだった。

ドラクエのフィギュア集めが大好き。

ガンダムも。

化石も、鉱石も、そこら辺の石も

「集める事」が

好きだった。

集めて遊ぶ、

集めて飾る、

今でもそれが至福の時


政治が好き。

人の前に出たがる、勉強がしたい、リーダーになりたい

と思うのは

昔見た国会中継だと言い張る(思い出話)


漢字が好き。

数字が好き。

パズルが好き。

クイズが好き。

歴史が好き。

偉人が好き。


知るのが好き。

学びが好き。


ゲームも好き。

体を動かすのも好き。

工作も好き。

音楽も好き。

踊るのが好き。

歌うのが好き。

ノマネコが好きだった

真似していた




みんなの歌が好き。




発表会やコンクールに連れて行ってくれた。

ドラクエからクラシックも好きになった

クラシックコンサートへは、

ボーイに連れて行ってもらったようなもの。

特に行進曲が大好きだった。

やっぱりこの曲、と今でも大好きな



バイオリン習いたい、なんて言ってた時もあったっけね。


野菜が嫌いだった・・・。

が、今ではサラダをおかわりする程に


風邪っぴき。

兎に角・・・酷かった。

それが夢幻だったかのように

丈夫になった。


大好きな正論。

強過ぎる正義感に敵を作る事も・・・

怒りながらも、その敵がいることすら楽しんでいる。

ここの所。

大分、マシに大人に

なってきたかな



けれど。


野球が嫌い・・・

それは今でも変わらない


れんほーさんが嫌い・・・

それも今でも変わらない

お陰様で

「2位じゃダメなんです」

の格言をボーイは頂いた。



大爆笑

ボーイが余りにも敵視するものだから・・・

平積みにされていた本の表紙を

書店で睨みつけてしまった私。

蓮舫流 やる気のスイッチ! 1日10分! 手作り学習ドリル術(教育単行本)

2位で良いよ!って声掛けすると

やる気スイッチ入るんだ~、と思いながら。

マジコン(プロアクションリプレイ)のスイッチ入っちゃってるのでは?

お子様。


ボーイ。

泳ぎが上手ではない。

けれど、上昇志向は持っている。

それだけで十分



短距離は良いけど、持久力がいまいち。

けれど、何時までもボールを追う気持ちは持っている。

それだけで十分


テストも、うっかりミスが多い。

気を付けようという意識は持っている。

それだけで十分


勉強に対する意識は、言うべきことはない。

強いて挙げれば・・・

取り組み過ぎな所


公園にいる鳩が好きだった。

が・・・。

今じゃ、ボーイの天敵に。

鳥全般が大の苦手なボーイ。



出来ない事が大嫌い

出来ない事が出来るようになりたい

出来ない自分が大嫌い

出来る自分が大好き


私は、出来るボーイもだけど

出来ない事を出来るようになりたいと思う・行動に移す

ボーイに×∞


勉強の話。

大学の話。

将来の夢の話。

を語るのが好き。


私は今までボーイが書いたメモ用紙を

大事に保存している。


見ていると面白い


幼いの頃。

日本で一番頭の良い学校に行きたい。

トウダイに行きたい

んじゃ、お勉強しなきゃね~


高い志は清清しい


夢を見るのも、

目標を持つのも、

自由。


Z会の10年後の自分・・・

を見て、私は感銘を受けた


「実現すると良いね

ボーイならきっと、ね


ボーイが何時だか言っていた

有言実行党を作る。


有言実行内閣。

あれ、ボーイのパクリでしょ

しかも

有言不実行内閣である気がします。



そう。

有言実行。

不言実行じゃない所が

ボーイっぽい


とりあえず、言う。

そして、取り組む。

我が子ながら偉いと思う。


不言実行ってちょっとずるい

言わないでやって出来れば

おー、だから


有言実行は、

言ったのに出来なければ責めを負う。

更に、言ってたのだから出来て当たり前的な評価。


そもそも。

有言実行って・・・

簡単なものではない。


でも。

だからこそ。

それを知っているからこそ。

挑戦している、挑戦し甲斐があるものと

ボーイを見ていて私はそう感じる。


さてさて。

これから先、長い道。

まだまだ始まったばかりの人生。

ボーイがどのように進化・変化して

ボーイがどのように歩んでいくのか。


これからも見守って参りたい。


そして


さてさて。

どのような姫君を寵愛するのか


楽しみで仕方が無い



余談:

姫君といえば

始まったばかりの大河

江・・・

全然面白くない

キャスト


一向に面白味が沸かない。

どのように楽しめば良いのでしょうか

ちょっと・・・このまま観ていくのが

しんどい&辛い・・・無理

何とか!!

ボーイの前で言わないよう&隠してきた。

けれど、ボーイが

「あんまり面白くないね・・・」

と言った時

「本当だね・・・」

とつい、ぽろっと。

・・・無理してみる必要ない。


とりあえず・・・。

水色の桔梗紋までは観るつもり


ボーイは、風林火山をご所望

この時間帯にぶつけて観ようか

ごめんなさい。

江姫様

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
小学校生活 ブログ村に戻る コメント(-)
2011-01-29

ボーイに思う事

ボーイが生まれて

9年が経つ

今年、二桁に突入

本当、早いものです。


今までボーイと過ごして来た日々。

様々な思い出がある。


満面の笑みな日、

悔しさで一杯な日、

悲しさに心を痛めた日、

優しさに触れた日、

面白可笑しい日、

激しい雷を落とされた日、

逞しさを感じた日。


健康で元気一杯、明るい子に育って欲しいと願い

始まった子育て。

垣間見える子の成長。

子育てって

本当に楽しい

大変な思い、悩ましい思いが

吹き飛ぶ程に


っと言っても。

ボーイは手が掛からない

楽珍子育てだった

そんな中

私は「おまじない」に注力してきた。


おまじない

何度

何種類

与えてきたか分からない


洗脳とおまじないって紙一重?

断っておきますが・・・

変な宗教はやっておりません


私の思うおまじないとは

心を育てる言葉の贈り物


勇気付けるおまじない。

失敗を恐れないおまじない。

自由に繋がるおまじない。

後悔先に立たずなおまじない。

何でも楽しむおまじない。

やれば出来るおまじない。

やらなきゃ出来ないおまじない。

井の中の蛙なおまじない。

曲がった事が大嫌いなおまじない。

出る杭は打たれるおまじない。

物は大切におまじない。

生き物の命は大切におまじない。

道徳心が芽生えるおまじない。

自信を持たせるおまじない。

謙虚な心を持たせるおまじない。

時は金なりなおまじない。

積極的な意欲を生み出すおまじない。

・・・etc


ボーイの個性というものを軸にして

その都度、適してあるだろう言葉を探して投げ掛けた。


私もパパも


ボーイが上手く行って満面の笑みを浮かべられるよう

何度も繰り返した。

上手く行くまで

他の言葉を探した。


子育ては、親から子に与えるだけではない。

教示したものがそのまま返ってくる。

時折、釘をさされることも

「無理」といっちゃいけない、言ったら罰金ゲームも開かれた

の回数、私が一番多かった


跳ね返ってきたもの。

それをまた、一つひとつ返していく。

そんな日々を送っている


自立心が芽生え始めたボーイに

投掛ける回数は減ってきている。

そんな今の課題は、マインドコントロール。

自分で自分におまじないを掛けられるようになって貰いたいと思う


私は、ボーイから沢山のものを贈られてきたと思う

与えた以上に返し続けられてきた。

それらは全て

私の子育てに対する自信に繋がった。


私の子育てに関する自信の源泉はボーイ

と言い切れる。


何に対しても積極的に、何に対しても楽しんで。

剥き出しの反骨心に、逞しい程の根性に。

人前に出たがって、人の上に立ちたがって。

半端じゃない努力に、自由気ままな意思・言動に。


事ある度に、私は心の底から褒め捲くった。

我が子は・・・我が子じゃないと思う程に

親ばかーな程に


それは

自身の子育てを褒めている。

事なのかと、

今、綴っていて気が付いた。


期待で縛り付けているわけではない。

あくまで自然にを心掛けた。

過度の期待は、

子の意欲を失わせる事に繋がるから。

子の笑顔を奪ってしまう事に繋がるから。


ボーイと私とパパ。

お互いの言葉一つひとつも。

お互いの性格一つひとつも。

お互いの魅力一つひとつに

上手くはまった、という思いがある。


だからこそ、

ボーイは期待以上のものを

沢山見せてくれたのだと思う。

私にとって十分過ぎるほどに


偶に話す。

ボーイ、誰に似たのかな?

私でもない、おれでもない・・・誰

あんなに前に出たがりになるとは思っても見なかった。

あんなに何でもこなせるようになるとは思っても見なかった。

泳げないけど

私達と全然違うねー、っと。


叔父さんにも

叔母さんにも

じいじにも

ばあばにも

沢山可愛がってもらった。

沢山褒めてもらっていた。


私達夫婦だけが褒めるだけではない。

これが大きいと感じる。


大人に混じるのが大好きなボーイ。

学校とは違って、出し捲くり

親戚の前では、前に出たがり

ピアノを弾いたり、百人一首を読み上げたり。

漢字を書いて見せたり、時事の話題に加わったり。

武将の名前を、政治家の名前、政党の名前を挙げつづけたり。

みんなの爆笑と賛辞を頂いてきた。


何でそんなに凄いの?

「凄くないで~す

と言いながらも、ボーイにとってそれが喜びでもあり

自信にも繋がったものと、そう思う。


上の学年であろうと

書道を習っている子であろうと

公文・そろばんを習っている子であろうと

塾に通っている子であろうと

苦手な水泳、持久走であろうと

何であっても勝ちたがる。

何であっても自分と戦う。


それは単なる負けず嫌いに留まらず

自信の表れなんだと思う。

単にやる前に諦めるのが嫌いなのだと思う。


負けても人前で涙を流す事はない。

内に秘めて家に持ち帰る時もあれば

潔く相手に賛辞を贈る。

我が事のような自慢話に


様々に興味を持って取り組む。

その中から自分の好きなものを取り出す。

本物を取り出すことが出来る。

様々に感化させるそんな日々を送る中で

「何か、持ってるよね」

私も何時しかそう思うようになっていった。

「ちょっと変わってるよね」

そんな評価を受けながらも



そして、その機会が増えていき

「いっぱい色々持っている」




性格も、普段の取り組みも、塾でも、図画工作も、音楽でも、友達も、学校生活も。

あの、人見知りしない&前に出たがる&もの凄いしつこさも


ハンケチおおじ

のような美談ではないけれど。


そのうちの一つを

ボーイの願いを聞き入れて

強いサッカーチームに移ることになった時の話。


前に出たがりボーイ。

勿論、ポジションはFW。

でも・・・

何時もと違う雰囲気で体が固まっていた様子。


短期講習1日目で友達を作って入塾を約束させられる(都合二回)

クラス替え初日でも新しい友達を交えて遊ぶ。

惹く惹かれる、そんなボーイ。


何時もなら直ぐに打ち解けるのに

珍しいなぁっと思いながら観ていた。

練習が終わりミニゲームのチーム決めが始まった。


その時もまだ表情が硬かった。

自分で入りたいって言ったのに

このチームやだとか言い出すかな、

大丈夫かなっと。


偶々、ボーイがトイレを探してこっちへ来た。

その時に、私は一言おまじないを掛けた。

「緊張は敵だよ楽しんで


けれど。

戻ってゼッケンをつけても

ま~~だ、固ーい。

そのままにゲームが始まった。

笛が鳴っても・・・体を動かさず、直立したまま

顔、暗~い

まま、てくてく歩いていた


すると、ボーイの前にボールが転がってきた。

足でボールを止めたまま・・・そのまま動かない

敵チームがもの凄い勢いでボーイに向かった・・・

スイッチON

ドリブルでかわして、かわして、パスをして

ゴール前に走り込んだ。

それを見て、パスがボーイに戻ってきた

そして、ボレーシュートを決めた

私が観てきた中では一番綺麗なボレーシュートだった


おっしゃー!

すげー!ナイス!

とチーム全員がボーイに駆けより祝福

ハイタッチ、頭撫で撫で

ボーイは満面の笑みだった


ほんの僅か。

1分ぐらいの出来事だった。


もう、硬い表情は全くない

その後も、ボーイは前を陣取った。

ボーイにボールが集められているように感じた。

そして、二点目を決めた

(ボーイにボール、ボールにボーイ?ボールボーイ?ボーイボール?


私は・・・

思わず拍手していた

そして、隣のお父様に

声を掛けら、貰い拍手も頂戴した


結局、2-0で勝利

私の方に向かって大きく


ボーイの周りに人が集まるようになった。

時折、こそこそ&ひそひそ話をしていた。

時折、笑顔&爆笑していた。

結局、初日で友達が沢山できた


余所者って意識があったのでしょうね。

お互いに。

あのうち解け方の速さ

本当、子供って分かりやすい。


でも、あの時。

もしも、シュートを決めてなかったらどうなっていたんでしょう。


決める事が出来て本当に良かった

そして、決める事が出来る。

それがボーイなんだと

我が子ながら惚れ惚れした私


その後のミニゲーム。

ボーイ不発

で、3連敗・・・。

罰として、ボーイのチームがグラウンドを走らされたのは

秘密なり



心配を余所に、良い意味で期待を裏切ってくれるボーイ。

そんなボーイに私の出来る事は・・・

もう無いかも知れない。


いいえ。

これからもずっと、我が子を愛する事

それを伝えつづける、それのみ



余談:

頭が良くて、成績も良くて、運動も出来て。

人を笑わせて、発言力もあって、何時も目立っている。

何故?何で?

凄い、凄い。

憧れる。

同級生のお母様に・・・そんな事を言われた事がある。


そんな事言われて、私は何て返せばいい?

そぉ~~~です、ね~

我が子は凄いんです。

って言えばいい?


いえいえ、そんな事ないですよ。

我が子は大した事ありません。

って言えばいい?


人の子よりも、我が子を見なさい。

私はそう言いたい。

けれど、そんな事・・・言えない。

けれど、ここでなら言える。

(ブログの良い所


人の子と比較する必要なんてない。

人の子をキョロキョロ見る、

その前に。

我が子をじっくり見て御覧なさい。

我が身の振る舞いをじっくり思い返して御覧なさい。

家庭の有様をじっくり考えて御覧なさい。


我が子は宝物(物では無いけど)

そんな宝物を親自身が傷つけてどうする。

光り輝くには磨かなければいけない筈なのに。


我が子を観察して性格を読み取る事。

それにしっくりくる声掛けを心掛ける事。

子供本意に考えながら。

柔軟な思考を持ちながら

試行錯誤を繰り返し、繰り返し。

信念を持って。

自信を持って。

そして、何時でも

太陽のような明るい笑顔で包み込んであげればいい。


明るい家庭を築く事。

しっかりした母親像

というものを思い描く事。


育児において大事な事であると、そう思ってきた。

私は今でもそう思う。

これからもずっと


ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
小学校生活 ブログ村に戻る コメント(-)
2011-01-27
TOP  ≫ 【小学校生活】次ページへ

#ページ先頭

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。