What's New!!




学習プリントUP履歴&その他更新履歴 ☆新着記事リストはこちら☆
  • 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
    ランキング参加してます♪いつも応援 ('-'*)アリガトゴザイマス♪

成績表で思った事


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


成績表で思った事

中学受験と学校の成績表。

関係ある、ない。

私は

ボーイの小学校入学前から

大いにある

と決め付けて腹を括っていた。


学校で出来ないなら中学受験何処では無い、っと。


その逆に・・・

つまらな過ぎて&簡単過ぎて

積極性が失われてしまうのを危惧していた。

が、今の所はその様子は見られない。


学校の勉強をなめず、大切にする事。

これは入学前からずっと言って聞かせてきた。

そうでなくとも忘れやすい・・・ボーイ。

(復習



学校の成績表。

良くありがちな

「担任、一人の主観」

我が子はもっと出来ている。

他の先生になればもっと評価される。

的な。

「テストは出来ているし、塾でも出来ている」

ほぼ満点なのに良い成績がつかない。

的な。


学校の成績表なんて関係ないじゃん、っと言いたくなる。

が、これを言ったらますます失墜していく。

評価は真摯に受け止めて、

何が足りないのかを考えて

足りない部分を補わなければならない。


学習面だけではなく全てをひっくるめて

学校で出来ない事が、この先の塾で出来る訳がないと

私は考える。



学校の成績表は

点数だけじゃない。

現に、ボーイもほぼ満点で

真ん中評価がついたことがある。

よーく考えてみると、必ず思い当たる節がある


当たり前が当たり前にこなせる程度が

真ん中評価。

点数は、真ん中と右の分かれ道に用いるのではないか、

と思うぐらい。



学校、担任によって

辛い・甘いはあるでしょう。


ボーイの学校では、

真ん中から左に行くのは至難だとは聞かされている。

その詳しい中身は分からない。

かと言って・・・

学校に問い合わせる事なんて出来やしない


どの教科であっても

一番左に必要なものは

ぐいぐい前に出る

積極性だったり、

論理性だったり、

洞察力だったり、

閃きだったり

成績の評価について書かれている手紙や今までの面談の中で

私はそう理解している。


それらは普段からの

丁寧さ、態度、意欲、姿勢

が集団の中で現すもの。


先生に

「半端ない

って思わせないと得られない評価なのでしょう。


この評価が得られるのであれば

何処に行こうが、誰に当たろうが

また同じような評価が得られる筈、と。


塾での上位層を集めた授業、ワークショップ、実験教室など

何処に行っても

他を圧倒してしまう

とんでもない子が存在する


学校で習っていないような事であっても知っている。

例え知らずとも、その場で瞬時に理解する事ができる。

何をどうすれば上手く行くのか、試行錯誤して深く考える事が出来る。


きっと、学校でもそのように過ごしているのでしょう。


評価をされたい、というよりも

自分の力を試しているというか、

ぶつけているというか。

楽しい&ウキウキな気分で

見ているこちら側もワクワクする程に


例え、最初は緊張しようとも

すぐに打ち解けて順応する。

自分の主張を惜しげも無く出し捲くる。

積極性や知識だけはない。

話し口調は一学年も二学年も上な雰囲気を醸し出すような

精神年齢の高さ、もあったり


学校と違い、指導者も一緒に机を並べる子も面識なし。

勿論、中にはダンマリな子もいる。

各学校から飛び出してきたトップクラスの集合、

その分野に興味津々な集合。


そんな中でもやっぱり

一番に立ちたくて仕方が無い子ばかり

そんな子達に限って

お互いに認め合い、

直ぐに仲良くなれたりも


私は今までボーイと様々な所へ出向いた。

そんな環境を目の当りにして

そんな環境の中で

目を輝かせて&前へ前へのボーイを見てきた。

「あの子もあの子も凄いけど、ぼくだって

で、よ~~~く分かった。


小学生の頃から、学校よりも塾が楽しい。

も、何だか解る気がする。


学校の範囲内で満足出来る筈が無い。

が、皆が満足できる内容を公立小学校に求めるのは酷。


学校は学校。


有するものをぶつけたがる。

意識とモチベーションの高さ。

それが無制限に発揮できる場所


だから、

イベントに参加したがり

塾に行きたがり

中学受験をしたがるのだわ。


学校でおさまりきらない。


そんな中で

自分の居るべき場所、向かう場所を

探している気がしてならない。



「塾に行け」「受験しなさい」「勉強しろ」「宿題やれ」


私的には、無理矢理から本物の意欲は生まれないと考える。

単に、心地よい場所に居続けたい、仲間と触れ合いたいという

本人の願望が生み出してくれるもの


そんな場を時間を与えてくる

各団体・企業に深謝


余談:

入学前からのお約束

「学校の勉強」に纏わる三ヶ条

①学校の勉強を疎かにしない事。

②勉強が苦手な子を馬鹿にしない事。

③無駄に自分をひけらかさない事。

ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
小学校生活 ブログ村に戻る コメント(-)
2010-12-22


【小学生子供の家庭学習と遊びと私】TOP

#ページ先頭

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。