What's New!!




学習プリントUP履歴&その他更新履歴 ☆新着記事リストはこちら☆
  • 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
    ランキング参加してます♪いつも応援 ('-'*)アリガトゴザイマス♪

我が家の今年一年間を振り返る


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


我が家の今年一年間を振り返る

今年はポイントとなる

幼稚園卒園→小学校入学

の年だった。

なんか懐かしいー

入学準備に入った11月~2月。

大変だったな~


今年は公の初テストデビューの年

今年は3回やったね。

漢字検定10級

毎日毎日・・・頑張ったね

それも報われた、満点という結果


受検回を一つあけて

漢字検定9級

これも頑張った

満点は逃したものの、ミス一つ。

上出来


そして、今年最後のボーイの挑戦

受験前は「100点取っちゃたらどうしよう~」などと豪語していたけど

流石に難問?もろくも崩れ去った。

正直、点数は微妙ーだったけど、合格を頂けた

私的にはグ~

私自身の幼少時代と比べると・・・

そりゃーもうー、素晴らしいわよ


私達夫婦にとっても。

ボーイの意欲・行動・発言に感化される事は山ほどある。

直近で例に挙げれば・・・

金子みすずカレンダー!

百人一首切手!


思わず買っちゃった

明らかにボーイから受けた影響だわ


そして、情けない話・・・見習わなきゃいけない事もね


ボーイに学びという影響を与えて育つ実。

その育った実を拾い食べている私達

いい循環


今年の賞状

ボーイは何より賞状が好き

部屋中を賞状にしたい!と言い出した漢検10級の受検後。

漢検10級、漢検9級、夏の絵画コンクール

今年は3つの賞状を貰ったね

良かったね

ボーイ、ちょっとお洒落して授賞式に行った

夏の絵画コンクール入賞、我が子を誇りに思う瞬間だった

そういえば、他に夏休みに取り組んだものが2点。

もう一つの絵画コンクールとチャレンジの作文。

落選しちゃった

入賞した絵画コンクールが最初に結果が出たから

このまま三つ全部頂いちゃう

先ずは一冠頂いた

目指せ三冠

なんて言っていたね

結局、一冠で終わっちゃったけど

来年も沢山挑戦してみようね


何より苦悩に満ちた習い事選び

幼稚園の頃は習い事をしてないかったから

(理由は単にやりたいと言わなかったから

初選びに「かーなり」悩んだ。

候補は、英語、習字、ピアノ、水泳、剣道、サッカー。

全部やる!とか言っていたし・・・

私的には、英語or習字and剣道orサッカー

パパ的には、剣道andピアノorサッカー

だったかな。

結局、ピアノとサッカーを選んだボーイ。

最初は英語でほぼ決まっていた。

資料請求、教室視察・・・全部無駄

ヤマハの体験でイチコロ

ドラクエという強力な後押しがあったしからね

でも、ピアノ。

本当にやってよかったーと思う事があった

何を隠そう・・・中学受験で音楽が必要な学校があったのだ

それを知らなかった私・・・

パパは知っていたけど言わなかった

「中学受験にピアノが必要って言ったら、んじゃピアノにしようってなったんじゃない?」

と。

(確かに

パパはあくまで

「ボーイに自分本意で選び、取り組ませたかったから」

らしい。

ピアノにするとボーイが言った時、パパは即OKだした理由も納得。

陰でそんな思惑があったとは・・・ね。


その話をした時に私は、

「パパに育てて貰いたかった」

と今更&叶いもしない事を、一瞬本気でそう思ったわ。


そう、学力はどうあれ(いや重要かと)、ピアノを好みこのまま続けていければ

あの学校を受験!と視野に入れることだけはできるのだ


飽きるどころか楽しそうに取り組み続けるピアノのレッスン。

このまま行って欲しいなぁ

自宅レコーディング、スタジオなんかも行きたいね

ドラム、ギターが弾ける強力なバックがいるし

(未だ赤ちゃん言葉が混じるボーイにベタ惚れの叔父さん=パパの弟さん


夏の旅行

千葉好きの我が家は毎年千葉の海

最終日に見つけた磯遊びできる場所

知らないお兄ちゃんがボーイにバケツを見せてくれた

生きた魚介類がどっさり

来年はあそこで磯遊びしよ~ね


体調管理

家族みんな、今年は特に大きな怪我も病気も無くいい一年だった!

特にボーイは、全然風邪をひかなくなった。

幼稚園の時は毎月2回程度休んでいたけど・・・

今年、風邪をひいたのって1回ぐらいじゃないかな?

学校休んだのは1回!

昔のボーイを考えると信じられない

強くなりだしたのは、今年初め&小学校に上がる前ぐらいからかな。

小学校に入ってからは如実!

サッカーも影響しているのかな!?

来年も無病息災を願います


家庭学習とボーイと私

「一緒に勉強しようね」っと年少、本格的には年中から始めた家庭学習。

それが年長の後半辺りから

完璧なまでに習慣付いた毎日の家庭学習。

自ら進んで取り組み、勉強しろと言わせてくれない

というか言わない。

なぜなら、言う気が毛頭ないから

例え忘れていても、私は「あれ勉強は?」と絶対に言わない。

(今年は1・2度あったかな

けれど、それは

大好きな勉強を忘れる程、それ以上に何かに取り組んでいる証だから

と私は思う。

やりたくも無いものを無理やり押し付けるのは愚の骨頂、親のエゴと考える。

何の為に誰の為に勉強し、努力しているのかが良く分かっているボーイ

を見ていると、かけるべき言葉というものが自然と生まれてくる。


端から見ていると、

ちょっと頑張りすぎなんじゃないかと思う時もある。

その逆に、

極稀に中途半端なことをして、私にカミナリを落とされる時もある。

そう、勉強禁止令

今年は2回あったかな

1度は漢字検定一ヶ月前で、私も泣く泣く勉強禁止を告げたわ

DS取り上げても決して泣かないのに、

勉強禁止は激しく抵抗

そりゃ~もう、形振り構わず懇願・・・。

が、ルールはルールだものね


指導・取り組み・発案・行動は

山あり谷あり。

紆余曲折。


最近は落ち着いたものの、小学校入学時は試行錯誤の毎日だったな。

微々たる先取り学習が効いたせいか

学校でも字は丁寧だし、積極的に手も挙げる。

学校のテスト、授業態度も生活も完璧

自信に満ち溢れているボーイ。

先生にはべた褒めされ、周りにも一目置かれ

そりゃそりゃ~自分に絶対の自信を持っている様子。

それ故、先々を見据え、日々の努力が苦じゃないのでしょうね。

誰からも褒められる事を心底望み、何事も挑戦するその姿勢や意欲は

本当に素晴らしいものがある。

加えて、何かで負けたと感じた時の発言→行動に移す事も


学校の体育、暗誦やピアノ、サッカー、読書、ゲームも何でもそう


中でも特に勉強。

楽しんでいないければ、到底なせる事ではないと思う程に勤勉。



私にとってボーイは・・・

私に勿体無い子供だなぁ・・・と。


極力第三者的にボーイをみると

呑み込み、頭の回転、暗記力。

正直、どれをとっても一般的・極々並なんじゃないかと思う。

(比較対照はなく、あくまで私的感覚・経験則)

あと、こうと決めたら

強く頑として譲らない一面はあるものの

普段は自由人。

常に「別に~」っといった感じ?

何かを選ぶ時も「どれでもいい」「なんでもいい」発言が非常に多い。

そう、大物感は全く漂っていない

(謙遜でも悪口・悲観でもなく親の本音


ただ。

何事も本気で努力する、それを継続する力は「天性の才能」なんじゃないかと思う。

更に、打たれ強さ と 我慢強さ

にも目を見張るものがある


これに気付いたのは、4~5歳辺り。

当確は漢字検定10級に挑戦する発言とその取り組み姿勢を見て、かな。

家庭学習において自ら学習に取り組むようになった時期と合致するなぁ


我慢強さ

これはもっと幼い頃からだなぁ

我が侭言ったり、駄々こねたりを殆どしなかった。

おもちゃ売り場、お菓子コーナーにしがみ付くことは全く無かった

「これ買って」-「今日は買わないよ」-「うん」

こうやって改めて思い返してみるとなんだか面白い


そして

今年は更に更に、負けず嫌いさがプラスされた気がする。

これは、どう身に付いたのか正直「

本来の性格は私と違ってフレンドリー&平和主義者

幼い頃から、悪さもせず、物の取り合いもケンカに至らず、いつも仲良く遊べる子だった。

そして、幼稚園の徒競走も笑いながら&横見て周りに合わせて走っていたもの

勝負根性の欠片も無かった

考えられる理由は、努力というものを始めた事。

努力しているんだから勝てる筈、負けるわけが無いという自負心なのかな。

その自負が打ち砕かれると、くそーって思うのか。

そういうことか

この一年間でだいぶ成長した心。

ボーイの性格、徐々に固まりつつあるのかな。


「努力」+「打たれ強さ+我慢強さ」によって

自ら高いハードル設定


先日、こんなことがあった。

ボーイが近くにいないのを確認してから、パパと私が話していた。

確かこんなやり取り。

私:「百人一首の暗誦したいって言われてさ、私、暗誦用にプリント作ったんだわ」

パパ:「ほぉー自分から?百首も?」

私:「どうしてもやりたいんだってー。」

私:「それより漢字やった方がいいと思うんだけど・・・やりたいって言うから」

私:「ね、ボーイってMっぽくない?」

パパ:「確かにー

と何か気配を感じて後ろを見ると

ボーイが立ち聞きしていた

ボーイ:「Mっぽいって何?」

私&パパ:「

ボーイ:「そうだよ、だって難しい方が頑張る気持ち増えるんだもん!!」

(全部聞いていたらしい・・・)

私&パパ「ボーイ格好良すぎ!」


ボーイは今7歳。

誕生日記事は書いていないのでいつの間にか1つ歳を取っている

(早いなぁーもう7歳


"この年齢" を加味すると

私はここまでの人間に出会ったことがないかも。

(その母数である「私の出会い」は少ないかも知れないけど


立派な才能を持っているんじゃないか的なボーイ。

それ故、

私じゃなければ、もっと高まるんじゃないかと思う時もしばしば。

私じゃなければ、もっと有意義な時間が過ごせるのではないかと思う時もありつつ。

私がもっとしっかりしていれば・・・と泣きたくなる時も。


が、泣いていても仕方が無い

仕方が無いでは無い!

親のネガティブ発言や面持ちは、子供に悪影響を与える事でしょう。

「たら・れば」も必要無い。

与えられた時間を、少しでも先を見据える、考える、楽しむ、努力する。

そして、息を抜く

何時もこうして立ち直る

必ず来るバイオリズムを己でマインドコントロール

負のオーラは絶対に発してはいけない、影響を与えてはいけない。

溜め込む私の心の中、時には負ばかり。

(マイナスイオン?)

が、それでいい。


私の持つ能力。

伸び代は皆無・・・かも知れない。

が磨きをかけなければならない。

そうせずにはいられない

ボーイに負けていられないという気持ち、その闘争心を失うまで老いてはいない。

今自分が出来る事、今自分がしなければならない事

ボーイの夢が叶うよう、全力を持ってボーイを支えるだけ。

その為の、指導、励まし、称え、褒め。

先を見据え、時には心を鬼にしての叱咤を。

促し方、唯一これには自負があるさ


過酷な試練を自ら望むボーイだけど

私はいつまでも

ボーイの笑顔を見ていたい

ただそれだけ。


全知全能とは程遠い。

半知半能・・・!?

0.25知0.25能・・・・

0.125知0.125能・・・・・

なママだけど、来年も一年頑張るよ!


私の最大の目標、毎年の目標は

いい影響をボーイに与え続ける事。


今の私に足りないもの。

それは、毎秒プラス思考と冷静さ

我が子を我が子と思わないよう家庭学習を進められるように

少しでも精進して行こうと思っている。


そして、我が家のモットー。

何事も

やりたければやる

やりたいことは徹底してやる

そして、最後まで諦めない



誰かと比べ

絶対に負けてはいけないなんて思わない。

絶対に勝たなければならないなんて思わない。

ただ、勝ちたければ勝ちに行けばいい。

敵は誰でもない。

敵はその己の心にあり

昨日の自分に、過去の自分に勝つんだよ


パパを軸に来年も二人三脚

ボーイのやる気任せ、望むままに

我が家らしくマイペースでいこう

ボーイが見る夢の階段、確実に昇っていけるように


余談:

締めくくりの曲

I FOR YOU - LUNA SEA

ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


コメント
【小学生子供の家庭学習と遊びと私】TOP

#ページ先頭

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。