What's New!!




学習プリントUP履歴&その他更新履歴 ☆新着記事リストはこちら☆
  • 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
    ランキング参加してます♪いつも応援 ('-'*)アリガトゴザイマス♪

漢字検定を終えて Part.3


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


漢字検定を終えて Part.3

ラスト。

今回の漢字検定に取り組んだ約半年の期間で

明らかになった唯一、かつ重要なこと。


ボーイ愛用の国語辞典、掲載されている語句が少ない・・・。

小学校低学年向けだからある程度は想定していたけれど

余りにも早く訪れてしまった

小学生向けの辞書って大概が「小学」がタイトルに入っていたりする。

これらの辞書は、およそ2万語~3万語程度。

字が大きい、筆順も書いてあったり、部分的にカラーなど

読み易さ重視。

その分、語句が減ってしまうのは当然

でも。

いくら見易いとは言え、

折角引いたものが載っていないんじゃ

意味がない

他の辞書と引き比べならまだしも

載っていない・・・完全に時間のロス


載っていない度に

ボーイは「また載ってないよー」っと

こんな顔

になっていた

で、私の辞書が徐々に蛍光のピンクに染まっていった

付箋は遠慮したらしい


ボーイの辞書に載っていなかったもの中で一番ビックリしたものは

「また載ってないよー、ママ辞書借りるね」

「なんて言葉?」

勝算

「勝算!?載ってない訳無いよー」

(ボーイ、偶に見落としがある)

「・・・本当に載ってない」


、載ってないの・・・?

こりゃダメだわ

と、漢検7級に向けて新たに辞書を買うことを決めた。


ここでちょっと調べてみた。

小学校低学年向けと中学生向け(小学校高学年向け)

当ったり前だけど

掲載語句の数が全然違う。

中学生向け(小学校高学年向け)は小学生向けのおよそ倍の4~5万語。

社会人向けになると、7万~8万。

数は増えるのはいいけど

今度は、字が小さくなって見辛くなる。

何よりも。

解説が難しくなる・・・。

これもまた意味が無い。

折角、自分で調べたのに意味がわからない。

余りにも難し過ぎて

「引いたのに意味がわからない」

「引いても無駄」

「辞書嫌い」

になられても困る。

それに、私が解説したんじゃーね


とりあえず書店で手間取る前に・・・

中学生向け国語辞書リサーチ(ネットver)

新修国語辞典(ベネッセ)
2006/02 4.7万語
ベネッセ新修国語辞典


現代標準国語辞典(学研)
(2001/03) 4.6万語
学研 現代標準国語辞典


標準国語辞典(旺文社)
第六版版 (2001/12) 4.5万語
旺文社標準国語辞典


例解新国語辞典(三省堂)
第七版版 (2005/12) 5.7万語
例解 新国語辞典

ベネッセの新修国語辞典が良さそうかな


序でに、高校、大学、社会人向け辞書。

新明解国語辞典(三省堂)
第六版版 (2004/11) 7.6万語
新明解国語辞典 第6版 特装版

新選国語辞典(小学館)
第8版版 (2001/11) 8.6万語
新選国語辞典

岩波国語辞典(岩波)
第六版版 (2000/11) 6.3万語
岩波国語辞典

やっぱり三省堂?

私の辞書も随分古いし、買い直そうかな。

そして、我が家には広辞苑が無い

広辞苑 第六版 (机上版)

その内に買うのであれば、今買っちゃってもいいのかな。

それとも、実家にあるやつ貰おうかな

かなり古いけど


次のステップは、大型書店に出向いてリサーチ

中見てみないと分からないものね。

そして。

「ある言葉」を書店に持ち込んで、実際に引き比べしてみよう


余談:

「小学」の付く小学低学年向け辞書も調べてみた。

小学生向け国語辞典ランキング


三省堂例解小学国語辞典

三省堂例解小学国語辞典

これすごい

3.3万語も載っている

この辞書に「勝算」が載っているのかどうかが非常に気になる所


これから入学準備や初めて辞書を購入される方は

見易さばかり重視すると、折角引いたのに載っていない

という憂き目に遭いますのでご注意を


ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


コメント
>ゆうママちゃん さん

>少なくても「勝算」は載っていました
わざわざ、お調べいただいたんですねi-277
ありがとうございますi-228

やはり、3万語以上。
ここが壁なのかな、と思いましたi-190

他には、暗室、安直・・・あとはパッと思い出せないi-230
勝算は載っていて欲しい所ですが、引いている言葉がちょっとマニアックなものは致し方ないですね。

問題なければ、どんどん使い倒した方がいいですねi-185
ボロボロになるまでi-185

>漢和辞典を購入
確か、例解学習国語辞典の漢字字典版ありませんでしたっけ?
お気に入りにものの同列ってそれまた良かったりしますので、一度ご覧になっては如何でしょi-198

私的には・・・
漢字の成り立ち(絵)と熟語の難易度、漢字のマメ知識の充実度?なんかをチェック対象とします。

【2009/06/26 09:31】 | 閃光者 #- | [edit]
 うちの息子が使っているのは、小学館の『例解学習国語辞典 第八版 ドラえもん版』ですが、少なくても「勝算」は載っていました。一応約33000語の見出し語がおさめられています。今のところ、困ったことはありません(つまり今までうちの息子が引いてなかった言葉はありません)が、最初は引きにくかったようです。あとで知ったのですが、これは小学校中学年以上が対象になっていました(汗)。今は慣れたので、問題なしのよう。とりあえず、しばらくはこの辞典でいこうと思っています。

 ところで、うちはまだ漢和辞典を購入していないのですが、何かお勧めはありますか?やっぱりあったほうがいいですよね??
【2009/06/24 11:17】 | ゆうママちゃん #- | [edit]
【小学生子供の家庭学習と遊びと私】TOP

#ページ先頭

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。