What's New!!




学習プリントUP履歴&その他更新履歴 ☆新着記事リストはこちら☆
  • 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
    ランキング参加してます♪いつも応援 ('-'*)アリガトゴザイマス♪

2009年夏休みの出来事 Part.5 生き物との触れ合い


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


2009年夏休みの出来事 Part.5 生き物との触れ合い

夏休みに入る前の我が家の飼育している生き物は

ヤゴのエサの生き残り・・・のメダカ

関連記事:MYヤゴ

と、そのメダカが産んだ卵が今年の春に40匹ほど孵化した小メダカ達、

だけ

関連記事:
メダカの観察日記 Part.1
メダカの観察日記 Part.2
メダカの観察日記 Part.3
メダカの観察日記 Part.4



海水の水槽には魚影はない

フグ吉(ミドリフグ)、はくくん(ボラの幼魚)がになってしまったので

水質が安定、魚を飼う環境が整うまでじっと我慢していた。

なので、ヤドカリとオサガニだけとちょっと寂しい水槽

関連記事:脱いだら脱ぎっぱなし

が、夏休みの旅行から持ち帰った

メッジーナ(メジナ)

が家族の一員に

2009sm4.jpg

4cmぐらいでとってもかわいい

が。

旅行から戻り、直ぐに寂しかった水槽にメッジーナを入れてあげた

途端、翌日には水質が悪化・・・。

アンモニアは0(左)だけど亜硝酸が危険信号の朱色(右)

2009sm5.jpg

メッジーナの体もなんだかどす黒い

このままじゃ、フグ吉&はくの二の舞(三の舞)

試験薬の結果を受けて、すぐさまフィルターを買いに。

今度は強力なやつを購入!

フィルター設置&半分水替え&ご飯抜き&バクテリア添加で一週間後・・・

アンモニアは0、亜硝酸も0に

ご飯を少しあげるようにして一週間後の試験薬の色は・・・

またまた黄色(=0)!

あれから約1ヶ月経過しているけど

亜硝酸を黄色(=0)キープ

2009sm6.jpg

やっと、念願、悲願の水槽安定

ニモもフグ吉もいける

亜硝酸の溜まり具合・・・

単にフィルターがしょぼかった、だけな気がする

毎日のエサやりも可能に

もう大丈夫(な気がする)

餌付けが可愛い&和む

何時までもこの大きさならいいんだけどな

「持ち帰ったときは大きくなったら海に返す」

と決まっていたものの、既に愛着が湧いている。

いつかお別れしなければいけない時が・・・


余談:

亜硝酸の発生源はメッジーナと一緒に持ち帰ったライブロック(紫の石)が原因のよう。

(ライブロックに付着した生物が環境変化で死滅)

が、フィルター増設した結果、新たなバクテリアの増殖に繋がったのではないかな?


磯遊びメモ:

魚を捕まえる前に

・飼育の環境を整える。

・飼える分だけ持ち帰る。

・飼育の覚悟(海水魚は特に世話や費用などがかかる?)

魚を捕まえるには

・返しの無い針で釣る(魚へのダメージを少なく)

・魚に手で触れない(魚へのダメージを少なく)

・大きい網2つ

・小さい網

・昆虫ケース(水中が見れる)

魚を持ち帰るには

・酸素を出す石

・ジップロック(魚を入れる)

・エアレーション(電池式ブクブク)

・クーラーボックス


今月、メッジーナを海に返して、新たな魚を捕まえに三浦半島に行く計画だったけど

家族全員がメッジーナをもう少し飼いたい、という事でお流れに


昆虫

昆虫飼育ケースはお蔵入り

すまくん(スマトラオオヒラタクワガタ)がになったっきり

ケースを使っていない。

関連記事:すま夫妻と過ごした日々

さて、夏休み。

どれだけ生き物が増えるのか!?

ボーイは早速、カブトムシのペア飼育を始めた。

ほぼ自分で世話も出来るようになった。

すまくんみたいに指を挟まれる心配は無いしね

我が家、カブトムシをペアで飼うのは初。

ボーイが4~5歳ぐらいの時にムシキングに嵌って

初めてカブトムシを飼ったけど、その時は幼虫から2匹を飼育した。

念願のサナギを見る事が出来たけど

オス2匹が確定

メス2匹よりいいけど

今年はどうしても卵を孵化させたいらしく、成虫ペアを購入。

あわせて、コクワガタも3匹購入(パパ熱望)

カブトムシは飼育を始めて2週間で卵を1つ発見!

しかし、その後はなかなか生まれず・・・

結局、卵は1つだけでになってしまった

毎度思うけど、本当あっという間だよね。

カブトムシって。

コクワガタはまだまだ元気いっぱい!

寿命は1年以上と長く、越冬もする

怒っても、全然怒っている風に感じられない程にミニマム

私でも触れる程にミニマム&かわゆい

カブトムシの卵に話しを戻す。

産まれた1つの卵をブレンディーの空きビンに入れて飼育開始。

1週間も経たない内に、5mmぐらい?の赤ちゃんが孵化

すっごい可愛い

2009sm3.jpg

一週間に1回ぐらいの程度で様子を見ていたら

体は倍、倍でぐんぐん成長して2cmぐらいになった。

2009sm1.jpg

孵化した頃が一番暑かったので湿度、温度に注意していた。

が、定期の観察でいくら土を探しても見つからず。

真っ黒になってしまい、3週間でに・・・

ボーイ、ショックで無言

と、うって変わって「なんでだよー、なんでだよー」を連呼。

私にはわからない

土湿っているし・・・。

出掛けた時、部屋が暑くなってしまうのが原因なのかな

無念です

来年に新たなる野望が生まれた


他にも、カナブンを持ち帰ってきたり(死にかけの・・・)

夏といえば、セミ?!

公園でセミの幼虫を友達が捕まえたらしく大興奮で帰ってきて

どうしても見てみたい&触りたいというので、夜にパパと観察に

地中にいる長さを考えると、捕まえる事はちょっと可哀想といいつつも

家に持って帰ってきた(その後戻してあげた)

2009sm2.jpg

背中に亀裂が入っていない!

私は初めて見て感動~

顔の周りが緑色っぽいのでミンミンゼミかな?!

夜に散歩して真っ白な羽化中のセミも見れた
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


コメント
【小学生子供の家庭学習と遊びと私】TOP

#ページ先頭

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。