What's New!!




学習プリントUP履歴&その他更新履歴 ☆新着記事リストはこちら☆
  • 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ
    ランキング参加してます♪いつも応援 ('-'*)アリガトゴザイマス♪

二年生最後の通知表 Part.2


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


二年生最後の通知表 Part.2

関連記事:二年生最後の通知表 Part.1


ボーイには、スーパー天敵がいる


何時も手をあげ、選ばれ、褒められる、お手本にさせられる事に対する

妬み、暴言、横槍。

何で何時もおまえだけ褒められるんだよ

何で何時もおまえだけそんなに賞状貰ってんだよ

きたねぇーよ、ずりぃーよ、と言われるボーイ。


それらに対して、ボーイは過敏に反応し

逐一、相手を黙らせるまで・・・徹底抗戦してしまう。


そんな学校の出来事はボーイから度々話を聞いていた。


いいでしょ~

で終わらせらないボーイ

「欲しければ頑張れば?」

「努力すれば?やるしかないんじゃないの?」

「何もしないで貰える訳無いでしょ、ずるいって何?どういう意味!?」

っと捲し立てるらしい


ある時には、ボーイが一人奮戦していると

それを聞きつけ、擁護する仲間がやってきて

ちょっとした騒ぎになる。

それらが、

「友達、クラスメイトと仲良くできるか」的項目で

B評価だった最大の理由・・・な気がする

私は納得。

けれど、ボーイは

「納得できない

と言った。


誰とでも仲良くなければいけないのか。

反りが合わない人を認め、どのようにすべきか。


新一年生さんは学校生活が始まったばかりで

色々と憂慮する事もあるでしょう。

でも、一年生はほぼ、幼稚園の延長染みている。

もしかすると、慣れだした一年の後期や二年生の方が厄介!?

実はこの一年間、裏では・・・

各ご家庭間で苦情が飛び交っていたと聞き・・・驚いた。


(回想)

様々な情報を集め、私の感じたところでは

ボーイの天敵は複数人いる。

そのメンバーは3人。

そして、その3人とも幼馴染で、仲が良い。

言わば、反ボーイ党


その内、一人はその党で「王様」と呼ばれているらしく・・・

「王様の言う事は絶対だ」

何かの当番は、絶対にその王様。

何かの話し合い、決め事も王様が一人で決める。

じゃんけんの筈の班長決めも、

じゃんけんをする事無く、絶対にその王様らしい。

徹底的に戦っても駄目。

多数決!とボーイが提案して、

ボーイ案が勝っても

「だから?もう決まっただろ」

と言われ、それが通ってしまう事も。


王様と同じ班になった日には・・・

特に、家臣まで一緒の日には・・・

「もう最悪・・・」と言って

肩を落として学校から帰宅していた



ボーイ軍は

「王様!?なにそれ ありえねぇーー」

っと冷ややか。

小馬鹿にしている、あまり相手にしないようにしている

と。

でも、ボーイは相手にしてしまう。

「ボーイ、相手にするなよ。行こうぜ」

と周りに宥められる事も


ボーイ軍はクラスの男子の約半数。

相手側からすれば多勢に無勢、

ボーイ軍、優勢!なのだろうと

私は安心しきっていた。


しっかし。

わざと?なのか、偶然!?か。

一緒の班になる事が多かった・・・。

相手の攻撃は止まなかった。

そして、ボーイは迎撃してしまう・・・。

ぶつかる事は数知れず。


言われたら言い返す。

相手にしない。

・・・究極の選択なので、

言われたら言い返す。

けれど、基本は相手にしないの~

っという微妙な方針が不味かったのだろうか・・・。


そんなままで、いくら

私、パパが諭しても

理不尽な事には絶対に抗したがる、抗してしまうボーイ。


何時だったか、先生にも諭された。

しかも2度・・・。


「何で相手にしちゃうの?」

ちょっと来なさいと言われ、

ボーイ君は賢いんだから相手にしちゃ駄目なんだよ分かった?」

先生が小声になったと聞いて私は爆笑してしまった

ボーイも賢いと言われ満更?ではなさそうな様子だった

でもね、そんな諭されも数週間後には・・・だもんね。

(回想、終わり)


この王様。

実は、ボーイが1年生の時からずっと

ぶつかっていた犬猿の仲


昔、ブロとも限定記事でも綴った大嘘つきなお子様・・・。


この子と手を取り合う


この壁を残り超えない事には

「友達、クラスメイトと仲良くできるか」的項目の

A評価はないのだろうか・・・。


確かにボーイも悪い。

言い過ぎな面が

た~~っぷりあるから・・・。


ある日、その事で私とも舌戦を繰り広げた事もある。

それは、

「そんなに賞状欲しいなら、努力すればいいじゃん」

と王様に言った事に関してこんな感じのやり取りを。


「もし、相手が努力しているのに賞状取れなかったとしたら?」

「もしそうだったら、そんな事言えないよー」

「それにね。それは無い。だって、努力するのは嫌だって言っているもん」

「努力するのは大変だよね?」

「そうだよー、でも僕は楽しいけどね

「努力するのが楽しいと思えないそういう人がいるかもしれない、そう思わない?思えない!?」

「そんなの知らない・・・努力して賞状貰ってずるい??何じゃそれ。努力したらいけないの?」

「いけないとは言っていない、皆が皆そうではないという事を知るべきと言っているんだよ」

「・・・そんなの人は人。人の勝手じゃん」

「そうなんだよ、人の勝手。」

「ボーイの言っている事は正論だと思うよ」

「・・・」(正論を辞書で引く

その後も舌戦は続き、

正義って、正義と離れている人からすれば、ただの邪魔者・・・。

道理が通じない相手に道理を説いても無駄・・・。

正論ばかり唱えていると嫌われる、友達を無くしてしまう事すらある。

・・・石田三成さん。

それでもいい、仲間はいる、こっちの方が数が多い

・・・小早川さんに裏切られたよね?

類は友を呼ぶんだも~ん

それがわかってるなら、相手にするのを辞めなさい!

向こうから先に言って来るんだもん・・・

こっちからは話し掛けないよー。

だって、嫌いだもん


結局、言いたいやつには好き勝手言わせておく。

自分が正しいと思う、それだけでいい。

それを相手に押し付ける、教える必要はない。

相手にするのは得策ではない、的な話で収まった。


この話の後、徐々に衝突は微減?していった。

(向こう方がボーイを相手にするのは得策ではないと判断したのかも)

・・・が、時既に遅し。

新年度を迎えるにあたって

絶対同じクラスになりたくない!

ボーイの第一希望らしい・・・

指を組んで祈りを捧げるほど

(新クラス発表でそれが叶った


しかし。

例えクラスが変わってその子と離れたとしても

犬猿の仲、一人や二人はきっと出てくるでしょう。


そして、この先の人生で何人と出会う事か・・・。


大人でもそれはそれは難しいー!

難題。


それを「大人な付き合い」が出来ない子供に求めるのは酷な話しだなぁっと

それを思うと・・・

今度は、生活面全部左を目指そうね!

なんて軽々しく言えたもんじゃない


そつなく付き合えばいいのか・・・

相手にせず、左から右へと聞き流す、

言われたまま「そうだね」と自分の感情を押し殺せばいいのか、

理不尽な要求にも耐えなければならないのか、

そんな事していたら、いじめの対象になってしまうような気がしてならいないけど

「友達、クラスメイトと仲良くできるか」的項目。

これらがA評価をGetする為に必要な事だとすると

目指す方向がちょっと変わってくる。

勿論、担任の先生によって見方は異なるのだろうけど。


ボーイの担任の先生は、とっても素晴らしい先生

本当、よ~く見てくださっている

が、故に。

色々と考えさせられた今回の成績表


結局、成績表の生活面については

またまた、微妙~に

「もう言わなくてもわかるよね?」

「どーしても合わない人がいる事を知る」

「そして、冷静に対応できるといいね」

「悔しいなら、少しでもA評価に近づけるように努めようね

「きっとボーイならできる筈

叱咤ではなく、激励で終わらせた

甘~~い、我が家


余談:

ボーイが寝ている間にこっそりと・・・

「反撃スイッチ」を外しちゃおうかな

朝起きたら、「無い、何処にも無い!」って言うかな

「反撃スイッチ」を外す・・・

いや、

「議論すべきか否かを冷静に判断できるスイッチ」

の増設を試みなければ

じっくりと、時間を掛けて。
ランキングに参加しています。応援クリック、励みになります(*^-^)
子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ 受験ブログ 受験生の親へ


コメント
こんにちはー!
わかるわかる、ボーイ君の気持ちわかります!
私的にはボーイ君の性格、いい性格だと思うけどなー?
例え通知表が悪くても、大人な対応をするよりは、このまま行ってほしいような・・・
正義感強くていい事ですよ~
相手の子(性格が悪い?)にとっても、誰も相手にされなくてこのまま突き進んでしまうより、言ってくれる子がいるだけでもありがたいんじゃないかな?

ちなみにわが子は、嫌いな子とは接触せず、仲の良い子とはぶつかりまくってます・・・

王様とは以前の記事のあの子だったんですね。
どうなったのかな~と気にはなっていました。
【2010/04/09 13:32】 | oyon #YlTGPj.E | [edit]
【小学生子供の家庭学習と遊びと私】TOP

#ページ先頭

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。